栃木県レディースバドミントン連盟規約

 

 (目的)

第1条  この連盟は、バドミントン競技を通じ会員の心身の健康を保持し、併せて相互の親睦と社会体育の向上を図ることを目的とする。

 

 (名称)

第2条  この連盟は、栃木県レディースバドミントン連盟(以下「本連盟」という。)という。

 

 (組織)

第3条  本連盟は、栃木県バドミントン協会に加盟するレディース(学生以外の女性)の団体又は個人で、本連盟の趣旨に賛同するもで構成される。

 

 (本部)

第4条  本連盟の本部を理事長宅に置く。

 

 (事業)

第5条  本連盟はその目的を達成する為、次の事業を行う。

   (1) 競技会の開催

   (2) 講習会の開催

   (3) その他目的達成に必要な事業

 

 (役員)

第6条  本連盟に次の役員を置く。

   会長 1名、 理事長 1名、 副理事長 3~4名、 会計 2名、

   監事 2名、 書記 1~2名、 各クラブ代表理事 各1名。

   (1) 理事長以下の役員は1団体1名を原則(30名以上の会員を有する団体からは、

      2名を選出してもよい。)として選出した後、互選により各役員を選出する。但し、理事長が

      認めた場合はこの限りではない。

   (2) 役員の任期は、定期総会より次の定期総会までとする。但し、再選を妨げない。

   (3) 監事は会計を監査する。

 

 (会議)

第7条  本連盟の会議は、定期総会及び役員会とし、定期総会・理事会は毎年1回開催する。

但し、必要がある場合は、臨時に開催することができる。

役員会は、理事長・副理事長及び会計・監事・書記をもって構成され、理事長が必要と認める事項に

ついて審議する。

 

 (議決)

第8条  定期総会は、次の各号に掲げる事項を議決する。

   (1) 規約の制定及び改廃に関すること。

   (2) 事業計画及び予算に関すること。

   (3) 事業報告及び決算に関すること。

   (4) 役員の選出。

   (5) その他役員会に於いて必要と認めた事業。

 

 (会計)

第9条  本連盟の経費は、会費・栃木県バドミントン協会の補助金・寄付金等による。

   (1) 本連盟の会費は、1年度につき1名900円とする。

   (2) 本連盟の会計年度は、定期総会翌日に始まり、次の定期総会に終わる。

 

 (慶事)

第10条 本連盟の慶弔については、次のとおりとする。

   (1) 会員に慶事の生じた場合(例、還暦)、その都度役員会で審議する。

   (2) 役員が死亡の場合は、香料10,000円と花輪を贈り弔意を表す。

   (3) 会員が死亡の場合は、香料10,000円を贈り弔意を表す。

 

 

     附則

この規約は昭和56年6月7日より施行する。

  * 昭和57年3月19日 一部改正

  * 昭和60年3月19日 一部改正

  * 昭和63年3月27日 一部改正

  * 平成 5年3月25日 一部改正

  * 平成 7年3月25日 一部改正

  * 平成13年3月31日 一部改正

  * 平成18年3月25日 一部改正

  * 平成24年3月24日 一部改正

  * 平成25年3月30日 一部改正

  * 平成27年3月28日 一部改正